所長挨拶

生協みなかみ歯科
所長 坂田龍義
生協みなかみ歯科
所長 坂田龍義

ホームページをご覧頂きありがとうございます。
私は、生化学の研究者になるつもりで東北大学歯学部に入学しました。山田正東北大学名誉教授、阿部一彦東北福祉大学教授の指導の下、口腔生化学教室で「膜肥厚細菌の糖代謝」のテーマで学部在学中、研究生活を送りました。また、岩倉政城尚絅学院大学教授の指導の下、中澤桂一郎先生(現利根歯科診療所所長)らと共に、震災と津波で大打撃を受けた宮城県鳴瀬町を拠点にフィールド活動を行ってきました。
大学5年生の時、ご縁あって、利根保健生活協同組合主催の夏期ゼミナールに参加し、地域医療に歯科医師が求められている事を知りました。
利根中央病院・利根歯科診療所の先輩方が地域住民の当たり前の要求に真剣に取り組んでいる、いや、闘っている姿に強く感動し、組合員さんからのお誘いもあって入職を決めました。
私たちは、なにか特別な事がしたいのではありません。自分達の母親や子供にしてあげたい事をそのまま利用者さまへ提供できればと考えています。
いつでも、どこでも、だれもが、お金の心配をせず、健康保険制度の保障の下、安心して歯科サービスを受けることのできる様々な環境を整えてゆく事が私共の役割である考えています。

学歴

  • 1983年3月
    島根県立松江南高等学校理数科卒業
  • 1984年3月
    島根県立松江南高等学校補修科卒業
  • 1990年3月
    東北大学歯学部歯学科卒業

資格

  • 1990年5月
    歯科医師免許証取得(歯科医籍第110913号)
  • 2001年3月
    介護支援専門員免許取得(第000567号)
  • 2006年11月
    歯科医師臨床研修指導医資格取得
  • 2007年9月
    日本禁煙学会認定医資格取得
  • 2015年7月
    日本抗加齢医学会専門医資格取得

経歴

  • 1990年5月
    利根保健生活協同組合・利根歯科診療所入職
  • 2000年~2009年
    群馬民医連歯学生委員会委員長
  • 2004年~2005年
    全日本民医連歯科部経営PJ委員
  • 2004年~2010年
    全日本民医連歯科部経営委員

  • 2008年~2010年
    全日本民医連歯科部経営委員会委員長
  • 2010年
    利根歯科診療所医局長
  • 2011年~
    生協みなかみ歯科所長
  • 2012年~
    群馬民主医療機関連合会理事
  • 2014年~
    群馬民医連歯科委員長

所属学会(2015年8月現在)

  • 日本矯正歯科学会
  • アレキサンダー研究会(歯列矯正)
  • 東京学芸矯正研究会(歯列矯正)
  • 日本抗加齢医学会(アンチエイジング)
  • 日本口腔インプラント学会

学会発表履歴(日本医学会、日本歯科医学会認定分科会に関してのみ記載)

1.「尿毒症が直接の原因と考えられた口腔内自然出血の1例」
第22回日本有病者歯科医療学会総会
2013年3月29日(金)、30日(土)、31日(日):日本歯科大学生命歯学部(東京都)
2.「PTINR即時測定器を用いたチェアーサイドコントロールへの挑戦」
第22回日本有病者歯科医療学会総会  林里美(歯科衛生士)との協同発表
2013年3月29日(金)、30日(土)、31日(日):日本歯科大学生命歯学部(東京都)
3.「歯科診療所にはPTINR即時測定器が有用である」
第21回日本有病者歯科医療学会学術大会 
2012年3月17日(土)、18日(日):栃木県総合文化センター・宇都宮
4.A case report of successful reprosthesis by remodeling of bone
「骨のリモデリングにより再補綴に成功した1症例」
日本口腔インプラント学会第31回関東・甲信越支部学術大会 
2012年2月11日(土):京王プラザホテル・新宿・東京
5.「義歯による咬合力集中が二次的要因と推測されたステージIIIbビスフォスフォネート静注薬誘発顎骨壊死の治療経験」
第31回日本臨床薬理学会年会
2010年12月3日(金):国立京都国際会館
6.Specific Ideas for General Practioners when operating on Patients who are taking Warfarin
「一般開業医がワーファリン服用患者にオペを行う際の具体的工夫」
2008年口腔インプラント学会総会 東京・有楽町・国際フォーラム

受賞歴

歯列矯正分野
ゴールドシール授与(2016年10月11日:椿山荘・目白・東京)(Dr.Alexanderによるグレーディング:カテゴリー:アングル1級、抜歯症例)

PAGE TOP