片品診療所について

所長挨拶

片品診療所
所長 松井直樹
片品診療所
所長 松井直樹

私たちは、片品村という過疎・僻地で医療生協活動の特徴を生かし、地域の組合員さんをはじめ地域の人々と共に健康で明るい地域づくりを目指しています。
片品診療所は内科・小児科・皮膚科・歯科からなる診療所です。子供からお年寄りまで幅広く診療しております。精密検査や専門医の診察が必要な場合は、利根中央病院を始めとした他の医療機関に紹介するなどして対応しております。訪問診療(定期的な往診)にも力を入れております。また、医学生の実習を受け入れ、研修医の教育施設にもなっており、明日の医療を担う人材育成にも取り組んでおります。
地域の皆様の期待に応え、信頼される診療所を目指します。

片品診療所ヒストリー

  • 1990年07月
    片品村の要請により、内科を中心とした週2単位で診療開始。自治体が土地を提供、建物をつくり、生協・民医連として借地での診療展開は全国でも極珍しい。
  • 1998年02月
    「とね訪問看護ステーション片品」施設認定。県内初のサテライト型ステーションとして施設認定。片品村、沼田市利根町(旧利根村)を中心に活躍中。
  • 1999年10月
    「居宅介護支援事業所」施設認定。
  • 2001年06月
    二代目所長、大塚隆幸氏就任。
  • 2011年05月
    三代目所長、長坂一三氏就任。
  • 2012年04月
    四代目所長、松井直樹氏就任現在に至る。

WHO高齢者にやさしい診療所ツールキット

2014年9月に「WHO高齢者にやさしい診療所ツールキット」の導入プログラムが全て修了し、9月28日に行われた交流会で、修了証書を授与されました。全国で51番目の院所です。今後も、高齢者にやさしい診療所として、職員一丸となって頑張ります。

PAGE TOP