来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
健康情報

健康診断を受けましょう

2018年5月1日

利根中央病院 副院長

健診センター長

安藤 哲

 人間ドックや健康診断を受ける最大の目的は何でしょうか。早期発見・早期治療と言われますが、最も大きな受診理由は、安心を得ることではないでしょうか。「去年より良くなった」とホッとなさる方がたくさんいらっしゃいます。

特定健診で生活習慣病を予防

 利根中央病院では、人間ドックを始めとした各種健康診断を実施しています。健康診断を受けることは、自分の健康状態を知り、生活習慣の見直しや病気の早期発見・早期治療、そして健康づくりにつながります。健診はいつまでも元気でいるための足がかりと考えて下さい。
 特定健診は、死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの被保険者と被扶養者の方を対象に行われる健診です。 
 健康への意識は受診率に表れますが、ここに沼田市と全国の特定健診受診率の推移があります(図1)。

 

 

 沼田市は低下傾向にあり、残念ながら平成25年度は50%と低値でした。一方、全国では着実に上昇し、(図には出ていませんが)全国の平成27年度の実施率は前年より1.5%高い50.1%となっています。
 特定健診のほかにも、75歳以上の方を対象とした後期高齢者健診、勤めている方は労働安全衛生法による勤め先の健康診断があり、人間ドックを受けている方も多いと思います。
 利根中央病院では組合員の皆さんにも健診を受けて頂きたく、「組合員健診」を用意しました。おおいに受診するようにしましょう。何らかの病気で通院している方も、通院中の病気以外にも生活習慣病が気がかりです。病院に行っているからと安心せず、自分の身体は自分で守ることが大切です。

がんの早期発見に人間ドック

 人間ドックはがん検診等を加えた総合的な健康診断です。わが国のがんによる年間死亡者数は30万人を超え、死亡原因の第1位を続けています。2013年に新たに診断されたがん(罹患全国推計値)は86万人強、2016年には37万人を超える方ががんで亡くなりました。2人に1人が一生のうちにがんと診断されると言われています。しかし、診断と治療の進歩により、早期発見、そして早期治療が可能となってきました。がんは無症状のうちに早期に発見し治療することが大切です。そのため、がん検診は症状の無い方を対象にした検査とお考えください。

がん検診受診率と罹患率

 がん検診についていろいろなデータが公表されています。「国民生活基礎調査」から推計された国および都道府県別がん検診受診率のデータによりますと、群馬県のがん検診受診率は35 〜55%といったところです(図2)。
 人間ドックなどの個別検診を除いた沼田市の自治体がん検診受診率は「図3」のごとくでした。胃がん検診 (胃透視)が減少していますが、平成30 年度から胃内視鏡が自治体検診でも取り入れられますので、今後増加するものと思われます。
 最近出された地域がん登録を基にする「群馬県内市町村のがん罹患率の格差」によると、胃がん罹患率は男女とも利根沼田地区が高く、大腸がんも県北部の市町村(みなかみ町、昭和村、片品村、沼田市)が著しく高い。前立腺がんも片品村、昭和村、沼田市で高いというデータが「群馬医学」という雑誌に発表されました。

 

 


検査結果を受け取ったら

 人間ドック・健康診断での検査結果に注意して下さい。


@要再検査、要精密検査、要治療の方はきちんと検査を受け、治療を受けましょう。
A前回との比較が大切!

 物理学、数理科学に「スカラー」と「ベクトル」という言葉があります。簡単に言うと、あなたの検査値がいくつかということがスカラーで、昨年と比べて悪化したのか改善したのかがベクトルです。前回との比較は大 切で、悪化していくようなら何か手を打たねばなりません。肝機能が上がっていくので休肝日を設けましょうとか、BMIが上昇していくので体重コントロール(減量)しましょうとかですね。受診日の血圧が高い方で も家庭血圧が安定していれば一安心です。毎年の変化に気をつけましょう。「ベクトル」で考えるクセを付けましょう。

健診を受けよう!

 人間ドック・健診はあなたの身体にちょっとした注意と安心を与えてくれます。浅く・広くチェックし、あなたに健康づくりの方向性を示してくれます。「受ける時間がないから」「費用がかかり経済的にも負担」「悪い結果が出るのを見たくない」と健診をためらっている方。健診を受けて、安心を毎年手にすることをお勧めします。そして健診センターとしては、その結果を相談できる「かかりつけ医」を作ることをさらにお勧めしたいと思います。