来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
技術部門のご案内
薬剤部の組織と各部門の業務
調剤部門 病棟部門 抗癌薬ミキシング室
医薬品情報室 薬品管理部門 製剤室
薬剤部方針
安全で有効な薬物治療の推進
目標
@患者様が、安心・安全に投薬治療を受けられる環境作り
A人材育成・チーム医療への参加
B薬の整理
利根中央病院薬剤部 組織図
調剤部門

入院患者および院内処方箋利用の外来患者(透析患者・無料低額診療者)への調剤を行い、薬を交付しています。

 

<業務内容>

処方箋受付
処方監査
調剤
調剤監査
投薬
                 
   
           

 

  <確認すること>

用法容量

小児・高齢者に対する投薬量
薬物相互作用: 複数の診療科、他施設からの投薬状況。OTC薬、サプリメントの内服の有無。

 

 

 

病棟部門

入院患者の薬歴管理と服薬指導を介して患者の薬物療法への認識を向上させたり、患者から得られた情報を医師にフィードバックすることにより薬物療法を支援する業務を行っています。

この業務により薬剤師は医療チームの一員として臨床でその専門性を発揮することが可能になりました。

 

 

 

 

入院センターで手術予定患者と面談をします。

手術に影響のある薬剤やサプリメントを接種していないか確認します。

 

 

 

抗癌薬ミキシング室

外来および入院患者が使用する全ての注射用抗癌薬を無菌的に混注し、払い出しを行っています。
混注作業は抗癌薬の被曝という危険を伴うため、防御服を身に付け安全キャビネット内で作業を行っています。また、混注作業も安全を確保するため特殊な手技を必要とします。
患者ごとのレジメン管理も行い、患者が安全に投薬治療を受けられるよう安全管理業務も行っています。

 

医薬品情報室

医薬品を有効かつ安全に使用するために医薬品に関する情報を収集・管理、評価して適正使用するための情報提供を行っています。また、院内での医薬品の採用を審議する薬事委員会を運営するための事務的業務も行っています。

 

薬品管理部門

院内で使用する全ての医薬品(麻薬・向精神薬を含む)の発注・納品・品質管理・在庫管理・各部署への払い出しを行っています。

また、入院患者の点滴個人別セット、ケモ(抗がん薬化学療法)患者の個人別セットも行っています。

 

製剤室

主に市場に製品の存在しない特殊処方に基づく薬剤の調製および約束処方・繁用処方などの予製剤の調製を行っています。クリーンベンチも設置されており無菌的な調製(高カロリー輸液の混注や吸入薬の調製)も行っています。