来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
がん診療委員会
最新ニュース-2008年度<<バックナンバー>>
最新ニュース 2009.3.3
 3月1日、伊勢崎市で第19回群馬県緩和医療研究会が開かれました。下記は当院の「緩和」の最新ニュースです。

  「つらい」「悲しい」「苦しい」・・・がんと向き合わなければならなくなったとき、人は様々なこころの症状を経験します。その多くは人間らしい“正常な心理反応”ですが、ときにはうつ病や意識障害(せん妄)といった“病的な症状”が現れることもあります。

今回は、がんに伴うこころのおはなしです。

 第10回 市民公開講座
「がん患者の“こころ”の症状
〜精神科からみた正常と異常〜」
講師: 利根中央病院精神科 
藤平 和吉先生

日時: 平成21年3月14日(土)13:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: どなたでもご参加いただけます
主催: 利根中央病院緩和医療研究会
後援: 利根中央病院がん診療委員会

 第11回 市民公開講座
「がんとともに生きるということ」
講師:利根中央病院緩和ケア診療科
原 敬先生

日時: 平成21年5月23日(土)13:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂

 当院ではNST(Nutrition Support Team)が活躍しています。安全かつ適切な栄養管理を行うためのチームで、各専門職が係わっています。2003年12月には日本静脈経腸栄養学会認定NST稼働施設となり、2005年2月には認定教育施設となっています。経腸栄養は、食事がとれない方に胃瘻、小腸瘻などで栄養を補給する方法ですが、がんに罹られて食事がとれない方の在宅のためには、有効な手段と言えます。
 2009年1月29〜30日、鹿児島で「第24回日本静脈経腸栄養学会(JSPEN2009)」が開催されました。今年のメインテーマは、「栄養療法は患者のニーズに応えられているか」です。当院から3演題を発表してきました。
 また今回、当院から「JSPEN評議員」が2名選出されました。今後、勉強会の講師や学会の運営に携わることになります。現在、定期的な学習会が院内で開かれていますが、医療・介護従事者の方を対象にセミナーも行っています。関係者の方はご参加ください。

「利根中央病院 NST」はこちら
最新ニュース 2009.2.19
 本日、第95回利根中央病院緩和医療研究会が終了しました。「一般診療科における精神状態の観察とそのポイント」です。看護師さんを主たる聞き手としてお話ししていただきました。
 ・精神科から見た“正常”と“異常”
 ・せん妄
 ・精神症状の観察ポイント
の講演です。大勢の聴衆を前に話術巧みに藤平先生の話しが続きます。「精神症状の観察ポイント」は、温かい会話から始まり、
 1.最初から(せん妄を)疑わない。むしろ了解可能だとバイアスをかけて会話する。
 2.患者さんのつらさ、苦しさに焦点を当てる。
 3.相手の会話のペース、話しの流れの中で、観察のポイントをチェックする。
と、具体的に聴衆を話に引き込んでいきます。がんの緩和ケアに限らず、全ての疾患、全ての診療、全ての医療従事者に通じるお話です。この続きは、

 第96回利根中央病院緩和医療研究会
「がん患者のこころの問題に、どう対応するか」
講師:利根中央病院緩和ケアチーム・身体系専従医師
原 敬先生

日時: 平成21年3月19日(木)18:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 医療従事者
主催: 利根中央病院緩和医療研究会
後援: 利根中央病院がん診療委員会
その他: 参加費無料、軽食あり

です。次回の原先生の講演もご期待ください。なお、藤平先生には、講演内容をわかりやすく「がんの話」に掲載していただこうと考えていますので、お待ちください。
最新ニュース 2009.2.11
 市民公開講座、緩和医療研究会等のお知らせがしばらく出せませんでしたことをお詫びいたします。今後の研究会等の予定をお知らせいたします。ふるってご参加下さい。

 第95回利根中央病院・緩和医療研究会
「一般診療科における精神状態の観察と
                  その対応のポイント
講師:利根中央病院緩和ケアチーム・精神系専任医師
藤平 和吉先生

日時: 平成21年2月19日(木)18:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 医療介護福祉に従事している方
主催: 利根中央病院緩和医療研究会
後援: 利根中央病院がん診療委員会
その他: 参加費無料、軽食あり


 平成20年度 がん診療連携拠点病院機能強化事業
第10回市民公開講座
「がん患者の“こころ”の症状
      〜精神科からみた正常と異常〜
講師:利根中央病院 精神科
藤平 和吉先生

日時: 平成21年3月14日(土)13:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 一般市民
主催: 利根中央病院、
利根中央病院がん診療委員会
その他: 参加費無料
最新ニュース 2009.1.30
 当院では、平成20年11月12日の利根沼田地域医師対象学術講演会「群馬大学における重粒子線治療の概要と展望」(講師:群馬大学重粒子線医学研究センター准教授:大野 達也先生)に引き続き、今回は、利根沼田地域市民対象に地域公開講演会「切らずに治す重粒子線がん治療」を開催することになりました。最新治療をわかりやすく群馬大学学長の鈴木守先生にお話ししていただこうと考えています。誘い合わせてご参加ください。

地域がん診療連携拠点病院として、以下の講演会を予定しています。

利根保健生活協同組合・地域公開講演会
地域がん診療連携拠点病院機能強化事業
「切らずに治す重粒子線がん治療」
講師:群馬大学学長
鈴木 守先生

日時: 平成21年2月7日(土)午後2時開演
(午後1時30分開場)
場所: ホテルベラヴィータ2階
(沼田市材木町178−1 TEL:0278-60-1000)
対象: どなたでもご参加いただけます
参加費: 無料
主催: 利根保健生活協同組合
利根中央病院
利根中央病院がん診療委員会
問い合わせ先: 利根保健生協・組織課、または
利根中央病院地域連携室
TEL:0278-22-4321
最新ニュース 2009.1.27
「がん診療手帳」のご紹介

がん診療手帳 がん患者さんは、がん診療のためだけでなく、いろいろな病気で県内の診療所・病院を受診することが多いと思われます。その時、がん診療の経過・状況が分かれば、それは診察をする医師のみならず患者さんにとっても大きな利益になるのではないでしょうか。当院では、がん患者さんをサポートする目的で、また、がんの診療を行っている病院と他の診療所・病院との橋渡しをする目的で「がん診療手帳」を作りました。
 「がん診療手帳」は、大きさはA5版でクリアファイル形式のため、経過によりページの増設ができます。がん告知をしていることが使用の前提です。配布を希望する患者さん、あるいは当院の主治医が必要と考えた患者さんに手渡すこととしておりますので、ご希望の患者さん・家族の方は当院でがん診療を行っている主治医にお申し出ください。また、当院受付前の「地域連携室・相談支援室」にご相談なさられても結構です。母子手帳と類似の感覚で使用できればと考えており、受診日にはいつも持参するようにしてください。
 「がん診療手帳」の内容ですが、現病歴、病名、病期、治療内容、今後の方針等が3ページにわたり記載されます。その後、検査結果と患者さんからの疑問・質問に対する主治医とのやり取りを記載するページが6年分続きます。投薬内容をお知らせするページも作成しました。当院からの処方薬を印刷したシールを貼り付けます。残りのページは患者さんへの一般的な情報提供の記載欄で、県内のがん診療連携拠点病院の案内、セカンドオピニオン外来、相談支援室、訪問看護ステーション、患者会の案内、医療費補助の案内などです。再発が疑われた時の対処方法、緩和ケア外来、疼痛管理の説明も掲載しました。最後にがんの再発再燃時の治療内容を記載するページを設けてあります。
 「がん診療手帳」を持参して受診する場合は、どの診療所・病院でも受診時の診療状況を医師に記載していただくようお願いしてください。あなたの普段の健康状態ががん診療を行っている主治医に伝わると思います。
 がんは利根沼田地域でも今や死亡原因のトップです。この状況に「がん診療手帳」が少しでもお役に立てればと考えております。
最新ニュース 2008.8.11
放射線治療設備について

 現在、利根中央病院北側・土木事務所跡地に病院の建て替えが計画されていますが、同地に放射線治療施設(照射設備)を新設することが検討されています。整備されますと、今まで当院から紹介され他院で治療されていた放射線療法を行うことが可能となり、がん診療の標準的治療が当院で全て行えるようになります。利根・沼田地域のがん治療の向上を目指して検討を進めていますので、ご期待ください。


外来化学療法室が整備されました

 現在、当院で外来化学療法を行っている患者さん22名に対して、各科外来→外来化学療法室で化学療法(点滴による抗がん剤治療)を行うようになりました。対象の22名は外科、内科、皮膚科、血液内科の患者さんです。正式には8月18日より稼動し、入院で行われてきた患者さんも外来で行えるようにしていく予定です。レジメン管理委員会も整備され、院内統一レジメンを使用して行います。化学療法剤のミキシングも安全キャビネットを使用して無菌的に調剤することを始めました。
 8月29日には、化学療法ワーキンググループが主催して講演会を企画しています。群大腫瘍センター・センター長の鹿沼先生をお呼びしての学習会です。院内・外の医療関係者の方々のご参加をお待ちしています。


「外来化学療法の現状と課題」
講師:群馬大学医学部付属病院腫瘍センター長
鹿沼 達哉先生

日時: 平成20年8月29日(金)18:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 院内および利根・沼田地域の医療関係者
主催: 利根中央病院がん診療委員会
化学療法WG
その他: 無料、軽食あり


第90回利根中央病院・緩和医療研究会
「緩和医療における鎮痛薬の使い方    
  〜夜勤を安全安心に乗り切るために〜」
講師:利根中央病院緩和ケア診療科医長
原 敬先生

日時: 平成20年9月18日(木)18:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 院内、および利根・沼田地域の医療関係者
主催: 利根中央病院緩和医療研究会
後援: 利根中央病院がん診療委員会
その他: 無料、軽食あり


平成20年度 がん診療連携拠点病院機能強化事業
第7回市民公開講座
「がん治療の医療費について」
講師:利根中央病院 医事課長
金子 林一郎先生

日時: 平成20年8月23日(土)13:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 一般市民
主催: 利根中央病院
後援: 利根中央病院がん診療委員会
その他: 無料


平成20年度 がん診療連携拠点病院機能強化事業
第8回市民公開講座
@ 「がん看護のこころ」
講師:利根中央病院 看護部長  
金子 れい子先生

A 「外来化学療法室における担当看護師の役割」
講師:利根中央病院 外来化学療法室担当看護師
鈴木  真紀子先生

日時: 平成20年10月18日(土)13:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 一般市民
主催: 利根中央病院
後援: 利根中央病院がん診療委員会
その他: 無料
最新ニュース 2008.6.24
「外来化学療法室」新設

 当院では、がん診療の一分野である化学療法(抗がん剤治療)に対して、外来通院で可能な化学療法を行う場所を検討してきました。今春、ようやく目途が立ち、8月1日を目標に「外来化学療法室」を開設する予定で準備が行われています。また、それらを管理する「外来化学療法部門(科)」、化学療法のレジメンを評価・管理する委員会も新設されます。
  もちろん、48時間持続の化学療法(抗がん剤持続点滴)、肝動注療法など入院でしかできない化学療法もありますが、外来で安全・確実に行うことができれば、経済的負担もそれなりに軽減することが予想されます。また、患者のQOLの向上が期待でき、仕事や家庭での役割などライフスタイルに合わせた治療方法(治療場所・時間の選択など)を提供できるものと考えています。表玄関右上、現在庶務課となっている場所が「外来化学療法室」となります。
最新ニュース 2008.6.18
平成20年6月10日付で、当院が日本薬剤師研修センターの「研修会実施機関」として施設認定されました(実施機関コード:K03-10-007)。先日より公開されている当院開催の緩和医療研究会等を受講すると、日本薬剤師会の研修終了の単位認定シールが獲得できます。(7月17日、「第89回利根中央病院緩和医療研究会」(医療従事者向け)より)。今後も薬剤関係の講演等を予定していきますので、薬剤師の皆様もふるってご参加をお願いいたします。

地域がん診療連携拠点病院として、以下の講演会を予定しています。

第6回市民公開講座
「肺がんの最新治療について」
講師: 郡  隆之
 (利根中央病院呼吸器外科 科長)
日時: 平成20年7月5日(土)
午後1時30分〜2時30分
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: どなたでもご参加いただけます
主催: 利根中央病院
利根中央病院がん診療委員会


第7回市民公開講座
「がん治療の医療費について」
講師: 金子 林一郎
 (利根中央病院 医事課長)
日時: 平成20年8月23日(土)13:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: どなたでもご参加いただけます
主催: 利根中央病院
利根中央病院がん診療委員会
最新ニュース 2008.4.18
4月17日、第86回利根中央病院緩和医療研究会が開催されました。
次回以降の予定は次のようになっています。ふるってご参加下さい。

第87回利根中央病院・緩和医療研究会
「緩和医療における精神腫瘍学について」
講師:かんわチーム精神系専任医師・藤平 和吉先生

日時: 平成20年5月15日(木)18:30〜
場所: 利根中央病院研修棟1階講堂
対象: 院内、および利根・沼田地域の医療関係者
主催: 利根中央病院緩和医療研究会
後援: 利根中央病院がん診療委員会
その他: 無料、軽食あり


第88回利根中央病院・緩和医療研究会
「緩和医療におけるこころのケア」
講師:かんわチーム緩和ケア診療科医長・原 敬先生

日時: 平成20年6月19日(木)18:30〜
その他: 5月15日と同じ
>>最新ニュースに戻る<<