来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
利根中央病院について
院長挨拶

 利根中央病院のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
 当院の常設のスローガンは「かかりやすい外来」「断らない入院」「選ばれる病院」です。
 令和元年が2019年5月から始まりました。地球温暖化の影響でしょうか、台風は激しさを増し、水害があちらこちらで発生しています。地震も時々起きています。かたや、日本の人口は減少して働き手や家庭を守る人が少なくなっています。さらに隣国諸国との関係も雲行きが怪しくなるなど予断を許さない環境になっています。
 そのような中で私たちは地域完結型の医療を目指して日々努力をしています。医療活動を通じて地域の皆さんの生活を守るという意気込みを上記のスローガンに変えています。具体的には救急者の受け入れなど急性期医療に力を入れています。2018年度は救急搬送を2084件(地域の44.3%)の受け入れをしました。受け入れ不能は120件(5.3%)でした。そして、北毛地域(利根沼田・吾妻二次医療圏)でお産と小児の入院ができる唯一の病院でもあります。急性期の医療と次世代の人を守ることを中心に据えて、リハビリから介護分野、歯科分野の医療を推進しています。医療の総合性を保つために群馬大学の医局から多くの先生方を派遣していただいています。医療の質を保つための設備を整えるのは容易ではありませんが、当院の責務と考えて努力をしています。
 選ばれる病院となるために研修にも力を入れています。医科医師、歯科医師、看護師、薬剤師、リハビリ部門、臨床検査技師、管理栄養士等の研修を受け入れています。医科医師部門は2018年7月に臨床研修評価機構(JCEP)を受審し、認証機関としては最長の4年間の認証を受けました。地域医療に根差した総合的な視点を持った研修を提供しています。そして、この研修を側面から支えているのがほかならぬ当地域の組合員の皆様です。当病院は成り立ちが「おらが病院」であり、組合員の皆様の要望に応える形で発展してきました。医療や研修の質を上げることが組合員さんの総意であり、その期待に応える努力をしています。
 最後になりますが、当地域は温泉街が数か所あり、自然が豊かで、山登り、川遊びができて、冬はスキーやスノボードができます。是非、当地に来ていただいて自然と触れ合い、心豊かなひとときを堪能していただきたいと思います。

 

                    利根中央病院 院長 大塚隆幸

 

 


利根中央病院院長 
大塚 隆幸